うみすとりぃ

〜うみねこやの歴史〜

《1998年 秋》 結成

 

 「うみねこ」さんというハンドルネームを持つ、小林さんが、Japan Acappella Central( 現在の a cappella. co.jp )の掲示板にて、「JAZZを歌いたい人。Singers umlimited などを一緒に歌いましょう」という募集をかけた。最初に集まったのは、かわ・さか・だんの3人。だんに誘われてつりも加入。その後、ゆとりも加入。ゆとりと同時に2人加入、更に1人、さらに3人・・・と、どんどん増えて、一時は12人に。

 グループ名を決めようということになり、リーダーのうみねこ氏の名前をとって「うみねこや」に。(この時はまさかこんなに長く続くとは誰も予想せず・・? 何となく決まってしまった・・・)   小林さんは、その後体調がすぐれず、うみを引退。

《1999年 春》 デビュー

 

大人数バンドとして、5月3日、池袋駅前のストリートライブ(沢山のアカペラバンドが集合!)で歌ったのがデビューでした。曲はThis boyとか、I love youといった14カラットソウルの定番モノでした。(あれ?JAZZグループだったはずが・・・)

 その翌日、今度は渋谷駅のストリートを体験、そして同月29日に、アカペラ公園に出場を果たしたのでした。10人以上のバンドなんて私たちだけ?まるで合唱団でしたね。この時は結成当時のお約束どおり、Singers Umlimitedの「Try to remember」と、上述の2曲を歌いました。
その後、紆余曲折を経て、秋のアカペラ公園から現在の5人となり、そのまま、ナントこのメンバーで6年、続いています。石の上にも・・・・??

 でもこの頃は、今思えば、ただ歌っていただけだった。。誰かに「表情がない」とか「楽しそうじゃない」といわれたりしたことも・・・。
 私達が開眼したのは、その後、11月に行われた「上野の森コーラスパーク」の出演でした。初めて、身内ではない通りすがりのお客さんからの手ごたえを得 た!と感じ取ることができたのです。まあ、上野・東京文化会館の前、という土地柄がよかったのでしょうけどね。。(自称「アカペラ界のバリアフリー」はこ の時がきっかけか・・・)

  • w-facebook
  • w-youtube

Last Update : 2019.06.06

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now